注文住宅は、費用をかければかけるほど、設計やデザインの自由度も上がり、実現したいことを盛り込むことができるようになります。

予算が青天井なのであれば、注文住宅に関しての希望を好きなだけ叶えられますが、ほとんどの方は予算に限りがあるため、他のプランで代用したり、オプションのグレードを下げたりなどといった調整が必要となります。

言ってしまえば、どんな注文住宅でも予算に応じて多少の妥協は必要となってしまうのです。

そこで、こちらでは「1000万円台・2000万円台・3000万円台・4000万円台・5000万円台」といった具合に、予算に応じて、どれほどの希望をかなえることができるのか、実例と共にご紹介したいと思います。

なお、以下にご紹介する予算は延床面積120~130平米(全国平均)の家を建てる場合を想定したものとなります。より小さいサイズであれば予算は少なくて済みますし、逆に大きい場合はもっと予算が必要となります。

ちょっと一手間かけるだけ!展示場に行く前に必ずやっておきたいこと

1000万円台でできること

注文住宅にかけられる建築予算が1000万円台の場合、基本的にはローコスト住宅メーカーや地元の工務店での施工となります。

もちろん、ローコスト住宅メーカーだからといって住宅の質が良くないという訳ではないのですが、2000万円台以上の家と比べると、自由度はかなり落ちます。

内外装はシンプルで、建物の形も正方形や長方形など、凹凸があまりないものとなります。間取りも、ある程度決められているものから選ぶという形式になることが多いです。

そのため、注文住宅が良いけれど、あれこれ時間を掛けて考えるのは面倒で嫌だという方や、シンプルでごちゃごちゃしていない家が良い方などにおすすめです。

なお、たまにテレビCMや広告などで「1000万円未満で家が建てられる」といった表記を目にすることがありますが、注文住宅の最低ラインとして建築予算1000万円以上は確保しておきたいところです。

1000万円台でも上記のように縛りが多いのですから、1000万円未満の家だと、ほとんど自由は利かないと考えておいても良いでしょう。注文住宅ではありますが、限りなく建売に近いといった感覚です。

1000万円台で家を建てられる主なハウスメーカー

メーカー 坪単価 工法
アーデンホーム 30~50 木造
アイフルホーム 30~50 木造
アエラホーム 30~50 木造
アキュラホーム 30~50 木造
クレバリーホーム 30~50 木造
秀光ビルド 30~50 木造
タマホーム 30~60 木造
ユニバーサルホーム 30~60 木造

1000万円台の家の実例

2000万円台でできること

「注文住宅の予算は2000万円台で考えている」という方は非常に多いです。注文住宅予算の全国平均が3300万円ほどなので、平均よりは少し節約して家を建てたいというニーズが高まっているようです。

ローコスト住宅に該当する1000万円台の家と比べると予算にゆとりがありますので、ローコスト住宅メーカーや中小工務店だけではなく、大手ハウスメーカーも選択肢に入ってきます。

ただ、あれもこれも…とオプションを追加していった結果、予算をオーバーしてしまったということも起こりやすいので、注意が必要です。

全ての希望は叶えられないけれど、どうしても外したくない部分に関しては希望通りに依頼するというのが、2000万円台の家で成功するポイントです。

2000万円台で家を建てられる主なハウスメーカー

メーカー 坪単価 工法
一条工務店 50~70 木造
菊池建設 60~80 木造
サンヨーホームズ 50~70 鉄骨造
住友不動産 50~80 2×4
セルコホーム 40~70 2×4
土屋ホーム 60~80 木造・2×4
東急ホームズ 50~80 2×4
トヨタホーム 60~70 木造・鉄骨造
日本ハウスHD 50~70 木造
フジ住宅 50~60 木造・2×4
ミサワホーム 60~80 木造・鉄骨造
ヤマダホームズ 50~70 木造

2000万円台の家の実例

3000万円台でできること

日本全国の注文住宅予算の平均が約3300万円なので、3000万円台というのは高すぎず安すぎず、ちょうど良いバランスの取れた予算と言えます。

どのハウスメーカーもこの平均予算の価格帯に合わせた注文住宅を用意していますので、数多くのハウスメーカーのカタログを取り寄せて比較したり、住宅展示場で比較的グレードの高いモデルハウスを見て回ったりするのもおすすめです。

予算が3000万円台前半である場合、一般的な大きさとグレードを持ち合わせた注文住宅を建てられるというイメージで、多くの注文住宅で取り入れられているオプションを導入することも可能です。

予算が3000万円台後半である場合は、家そのもののサイズを広げたり、資材や設備をグレードの高いものに変えたりすることができるというイメージです。

全部が全部希望通りにいかなくても、様々なオプションを追加することができるため、予算が原因で諦めなくてはならないことは少なくなります。

3000万円台で家を建てられる主なハウスメーカー

メーカー 坪単価 工法
ダイワハウス 60~100 木造・鉄骨造
スウェーデンハウス 80~100 木造
住友林業 70~100 木造・2×4
セキスイハイム 70~100 2×4・鉄骨造
積水ハウス 60~100 木造・鉄骨造
大成建設ハウジング 80~100 RC造
パナソニックホームズ 60~100 鉄骨造・重量鉄骨造
ヘーベルハウス 70~100 鉄骨造・重量鉄骨造
三井ホーム 70~100 木造
三菱地所ホーム 70~100 2×4・鉄骨造・重量鉄骨造・RC造

3000万円台の家の実例

4000万円台でできること

注文住宅の建築予算が4000万円以上ある場合、かなりの範囲で希望通りの家を建てることができます。

注文住宅を建てる上で、予算の上限をそれほど意識せずに済む価格帯であるとも言えます。建物の形や、導入する設備、内装に使用する素材、外装のデザインなど、様々な部分に自分のこだわりを反映させることが可能です。

また、最先端のキッチン設備や、広々として高機能なシステムバス、トイレを2箇所に設けるなどといった具合に、水回りを充実させるという方も非常に多いです。

「選べる選択肢が多すぎて、どれにするか悩んでしまう…」なんていう幸せな悩みも聞いたことがあります。4000万円以上の建築予算があるのであれば、ほとんど妥協することなく、理想の家作りができるでしょう。

4000万円台の家の実例

5000万円台でできること

だいたい4000万円台の予算があれば、オプションも含めて理想通りの家づくりができますが、5000万円以上の予算があるのであれば、広くて大きな注文住宅はもちろんのこと、完全分離型の二世帯住宅も施工可能です。

オプションを全て最上級の物にしたり、ユニークな形の外観にするなど、希望することはほぼ何でもできてしまいます。

5000万円台の家の実例

まずはカタログを揃えることから始めましょう!

家づくりを検討し始めると、とりあえずまずは住宅展示場に…となりがちですが、これはNGです。時間も体力も労力も無駄にかかってしまいます。

まず最初にやるべきことは「ハウスメーカーのカタログを揃えて比較すること」なのです。カタログを見比べることには次のようなメリットがあります。

  • 各ハウスメーカーの特徴をつかめる
  • ハウスメーカーごとの価格や相場を把握できる
  • 情報をもとにハウスメーカーの営業マンと交渉できる

なんの事前情報もなしに住宅展示場に行って、何社かだけ見て回って契約までして、家が出来上がってから「他のところにお願いすれば良かった…」と後悔しないためにも、最初にカタログを揃えて情報収集しておくことが大事になります。

ただ、1社ずつカタログを集めようとすると、正直なところ手間も時間もかかってかなり面倒な作業になります…。

そこでおすすめなのが「LIFULL HOME'S注文住宅」です。

LIFULL HOME'S注文住宅

ホームズくんでお馴染みのLIFULL HOME'Sなら、予算や希望テーマや希望エリアから、一括でカタログ請求できます。

LIFULL HOME'S注文住宅の予算別カタログ探し

平屋や二世帯住宅など、今まさに人気のテーマも揃っています!

LIFULL HOME'S注文住宅のテーマ別カタログ探し

無料なのはもちろんのこと、必要事項の入力も少なく、パソコンでもスマホでも簡単に利用できます。手間が省けて大変便利ですので、ぜひ使ってみてください。